フリーランスエンジニア案件求人なるには

フリーランスエンジニアの活躍の場について

フリーランスは通常の企業の直接雇用と違って業務上の都合により簡単に契約解除されてしまうケースあり、正社員とフリーランスはそれぞれ契約の違いあって、正社員は企業と雇用契約をむずんで、フリーランスは請負契約などを結ぶことになります。そして、正社員エンジニアは、最低賃金法により一定水準の給料が保障されており、固定+歩合制の会社もありますが、毎月安定的に給料受け取れるのが魅力です。また、フリーランスエンジニアのメリットですが、自分の実力が高くてさらに市場から需要があると単価100万円・月など魅力的案件を獲得し高収入を期待できます。そしてフリーランスエンジニアは、若くして高収入えられる魅力あるワークスタイルなのです。当然実力主義の世界ですが、そこで自分の実力を行かせられれば、自分の市場価値に見合う報酬を獲得できるはずです。またフリーランスエンジニアは契約形態により、ワークスタイルことなりますが、週3勤務など条件で働けたりします。

自己管理力が必須なフリーランスエンジニア

フリーランスエンジニアにとって必要な力は、「プレゼン力」と「調整力」です。
まず、プレゼン力についてです。フリーランスエンジニアは、特に仕事を始めたばかりの頃は決まった仕事相手などの繋がりがなく、自分からフリーランスエンジニアが集まるサイトなどを利用して、交流を図っていく必要があります。その際に、自分がサイト作りなどでどのような技術や得意分野を発揮できるのかを相手に応じて簡潔にプレゼンすることによって、仕事を定期的に獲得しやすくなるため必要になります。
次に、調整力についてです。フリーランスエンジニアは、自分の裁量で仕事を進めていくことができますが、同期間に大量の仕事を請け負ってしまうと、質の高い仕事ができなくなったり、仕事に追われてプライベートの時間がなくなったりする事態が発生します。そのため、早く稼ぎたいと思っても、自分が限られた時間でできる仕事量を把握して、引き受ける仕事量を状況に応じて調整しながら仕事を進めることが必要になります。

フリーランスエンジニアとしてやっていくためには覚えることが多くある

フリーランスエンジニアとしてやっていくためにはIT企業とかにて長年ですがエンジニアまたプログラマーとして仕事をこなしつつ、実績が多くあったりするのが大切です。
エンジニア及びプログラマーのジャンルは枝分かれしている部分もあるけど、専門的な知識と高度な技術を持っておいたほうがフリーランスエンジニアとして独立した時に大きな武器となります。

コミュニケーション力は大切な部分でもあり、クライアントから仕事を提供してもらう時とか才能やスキル及び技術などをアピールしてクライアントから定期的な仕事をもらう際にも大切になります。
トークとかもうまくないと話をうまく勧めていくことができませんし、コミュニケーション力がないとクライアントとの信頼関係も築くのにも時間がかかってしまう場合もあるため、コミュニケーション力は鍛えていってほうが良いです。

必要なスキルに関してはプログラミング全般はマスターしておいたほうが良く、ネットワークスペシャリスト、システムアーキテクト、Linux技術者認定、Oracleマスター、応用情報技術者、データスペシャリストとかに関する資格とかスキルは持っておいたほうが良いです。

知識についてはプログラマーとかエンジニア系のものを臨機応変に覚えておけば、フリーランスエンジニアになった時に無難に対応していくことが可能となります。

タイトルとURLをコピーしました